2012年08月19日

共有物件の任意売却

任意売却推進センター(ライビックス住販)KUです。
本日、横浜は晴れています。

共有不動産の売却には法律上、共有者全員の
同意が必要になります。
この為共有者の一人でも売却に反対したり、
行先不明者が居たりすると、任意売却は出来ません。
過去の相談者の中にも、色々な事情から共有者の
同意が得られず、結局は任意売却を断念せざるを
得なかった例が有りました。 特に、離婚に
絡む場合が多いようです。
また共有者の中に経営者が居て、信用情報の登録を
どうしても避けなければならない為、任意売却を
諦めざるを得ない事も有りました。
共有者には、お互いの事情がそれぞれ有りますから、
話ができる状況があれば、よく話し合って合意が
出来るよう粘り強く交渉をしましょう。
ご相談無料です。
全国対応
任意売却推進センター
(株式会社ライビックス住販)
〒220-0024 
横浜市西区西平沼町1-7 興和ビル4F
TEL.0120-961-044(通話料無料)
TEL. 045-534-9933
FAX. 045-534-9922
posted by スタッフKU at 13:40| Comment(0) | 住宅ローン返済猶予 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。