2013年01月13日

債権者からの通知は絶対に無視しないで下さい。

任意売却推進センター(ライビックス住販)KUです。
横浜方面晴れです。

不動産ローンの滞納が始まると、その融資を受けている
債権者から支払督促状などが郵送されて来ます。 
この郵便物はただ単に支払の催促のものだけではありません。
返済方法の見直しをしてみませんかとか、これ以上返済が
行われませんと競売になりますよと書かれた警告文です。
競売まで行ってしまわれる方々のほとんどが、債権者から届く
郵便物を無視している場合がほとんどの様です。 
債権者も出来る事なら競売にはしたく無いのです。 
競売はお金も手間もかかります。
手間暇かける割には回収金が任意売却よりも低い事が多いのです。
私も金融機関数社に個人的な負債を抱えていた時には
債権者から届く郵便物を開封するのが苦痛でした。 
私の場合には遅延損害金レベルで済みましたが、 
教訓として、郵便物は総て開封し読むことをお薦めします。
全国対応
任意売却推進センター
(株式会社ライビックス住販)
〒220-0024 
横浜市西区西平沼町1-7 興和ビル4F
TEL.0120-961-044(通話料無料)
TEL. 045-534-9933
FAX. 045-534-9922
posted by スタッフKU at 14:00| Comment(0) | 住宅ローン破綻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。