2012年11月18日

住宅ローンの返済が出来ないとどうなりますか?

任意売却推進センター(ライビックス住販)KUです。
横浜方面晴れています。

1〜2ケ月目ぐらいまでは、郵便物や電話などで督促がありますが、
いきなり一括返済を迫るとか、滞納3ケ月未満では、競売には
かけられません。ただ、深刻な事態です。是非、次の事を
検討してください。
@ リスケジュール・住宅ローンの支払方法(毎月返済と
 ボーナス返済のバランスなど)の見直しをする。
A 司法書士や弁護士に依頼し、個人民事再生法(住宅ローン特則)
 を利用し、返済額の減額を要請する。
B 支払いが無理なら、任意売却で不動産を売却し残債務の圧縮を図る。

住宅ローンの返済を通常6ケ月間も滞納(住宅金融支援機構
旧公庫は6ヶ月、一般銀行の場合は3ケ月の場合もある)すると
期限の利益の喪失(きげんのりえきのそうしつ)となり、
一括弁済を求められます。又債権が保証会社に移行します。
住宅ローンの返済の為に、消責者金融などから借りるなんて論外です。
1ヶ月からでも、電話などがかかって来た際には、居留守などは使わず
誠意のある対応をとってください。
対応の際の具体的な話し方などでも構いません、お気軽にご相談ください。
ご相談無料です。
全国対応
任意売却推進センター
(株式会社ライビックス住販)
〒220-0024 
横浜市西区西平沼町1-7 興和ビル4F
TEL.0120-961-044(通話料無料)
TEL. 045-534-9933
FAX. 045-534-9922
posted by スタッフKU at 17:27| Comment(0) | 住宅ローン破綻 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。