2012年10月13日

海外からの住宅ローン問題のご相談について

任意売却推進センター(ライビックス住販)KUです。
横浜方面晴れてます

海外や遠方からの相談の場合は、弊社では任意売却できるまでは、
事情が事情ですからお客様に費用負担をかけしたくありませんので、
書類は郵送でのやり取り、連絡でのやり取りはスカイプなどの無料
サービスを利用させていただいていおります。
ただし、一度は任意売却の取引のために物件所在地まで
伺わなければなりません。
その際の交通費は弊社が負担させて頂きます。
また、途中で弊社への依頼をキャンセルしたとしても、
キャンセル料などの費用は一切かかりませんのでご安心ください。
海外在住の方は任意売却が決まれば、一度だけ帰国される必要が
ありますので、その際の渡航費用なども任意売却の際の
債権者(保証会社など)と交渉して捻出するようにしています。
それから、一番大切なことは任意売却することではありません。
任意売却後に残った債務解決です。
わたしたちは、一度ご相談をお引き受けしたお客様とは、
残債務の解決が終了するまで何年でもお付き合いさせて頂きます。
もちろん、その際の費用はいただきません。
弊社は法律事務所や法務事務所ではありませんので費用は
いただきません。ご安心ください。任意売却の際に債権者より
支払われる仲介手数料で運営しています。
ご相談無料です。
全国対応
任意売却推進センター
(株式会社ライビックス住販)
〒220-0024 
横浜市西区西平沼町1-7 興和ビル4F
TEL.0120-961-044(通話料無料)
TEL. 045-534-9933
FAX. 045-534-9922
posted by スタッフKU at 17:33| Comment(0) | 任意売却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。