2012年10月20日

住宅ローンの返済状況

任意売却推進センター(ライビックス住販)KUです。
横浜方面晴れてます。
あなたの住宅ローンの返済状況を確認して下さい。
@返済は苦しいがなんとか現在までは返済している、しかし
 今後はどうなるか分からない。
A返済日にお金が間に合わなく、遅れながらも返済している。
B数か月分が滞納状態になっているが、毎月一月分はなんとか
 返済している。
C数か月分が滞納状態になっており、今後も滞納金額が
 増えそうだ。
D金融機関から一括弁済の催告書が届いている。
E保証会社から代位弁済の通知書が届いている。
F裁判所から差押や競売開始決定の通知が届いている。
G競売が決定し、期間入札が始まった。

上に記載した状況のうち@とAについては、金融機関が
借入条件の変更に応じてくれる可能性があります。
Bについてはかなり難しいと思いますが、可能性が無い
わけではありませんので相談をしてみてください。
Gについては裁判所の決定にそって進むしかないと思います。
それ以外の場合は、金融機関に任意売却を勧められますので、
早めに具体的な手続きや相談をされることをお勧めします。
ただし、金融機関の紹介の不動産会社には相談してはいけません。
特にFの場合には期間入札が始まる前に手続きを進めないと、
間に合わなくなってしまいます。
ご相談無料です。
全国対応
任意売却推進センター
(株式会社ライビックス住販)
〒220-0024 
横浜市西区西平沼町1-7 興和ビル4F
TEL.0120-961-044(通話料無料)
TEL. 045-534-9933
FAX. 045-534-9922
posted by スタッフKU at 15:23| Comment(0) | 住宅ローン返済猶予 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

任売と競売

任意売却推進センター(ライビックス住販)KUです。
横浜方面曇り時々雨
任意売却というのは、住宅ローンの返済が困難になった場合
などに、貸付を受けている各金融機関との合意のもと、
不動産を処分する手続きのことです。

不動産を処分する方法には、競売もあります。
競売というのはローンの支払ができなくなったら、債権者が
裁判所へ申し立てることによって借入れの担保となっている
土地や建物などの不動産を裁判所が強制売却することです。

住宅を購入する時は、ほとんどの人が住宅ローンで購入します。
返済ができなくなったら、融資している債権者が担保を
処分して回収しようとするのは、自然です。
その場合、裁判所の依頼により不動産鑑定士が調査して、
最低売却価格が定められます。
この価格は一般市場価格の5〜7割程度と言われています。
競売か任意売却か?
不動産を処分するのは、どちらも同じです。
任意売却は話し合いによって、あなたの引越し費用などを
手当てしてもらえることもあります。
一方、競売は原則として引越し費用は出ません。
競売関連の情報誌にも競売物件として紹介されますから、
あなたの住んでいた住宅が競売だということは知られます。
住宅ローンの支払ができなくなったら、任意売却で処分する
ほうをおすすめします。
難しい手続きや、任意売却に必要な書類等、すべては専門の
スタッフがサポートしてくれますからご安心ください。
早ければ早いほど、有利な条件で対処できます。
ご相談無料です。
全国対応
任意売却推進センター
(株式会社ライビックス住販)
〒220-0024 
横浜市西区西平沼町1-7 興和ビル4F
TEL.0120-961-044(通話料無料)
TEL. 045-534-9933
FAX. 045-534-9922
posted by スタッフKU at 16:48| Comment(0) | 任意売却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月13日

海外からの住宅ローン問題のご相談について

任意売却推進センター(ライビックス住販)KUです。
横浜方面晴れてます

海外や遠方からの相談の場合は、弊社では任意売却できるまでは、
事情が事情ですからお客様に費用負担をかけしたくありませんので、
書類は郵送でのやり取り、連絡でのやり取りはスカイプなどの無料
サービスを利用させていただいていおります。
ただし、一度は任意売却の取引のために物件所在地まで
伺わなければなりません。
その際の交通費は弊社が負担させて頂きます。
また、途中で弊社への依頼をキャンセルしたとしても、
キャンセル料などの費用は一切かかりませんのでご安心ください。
海外在住の方は任意売却が決まれば、一度だけ帰国される必要が
ありますので、その際の渡航費用なども任意売却の際の
債権者(保証会社など)と交渉して捻出するようにしています。
それから、一番大切なことは任意売却することではありません。
任意売却後に残った債務解決です。
わたしたちは、一度ご相談をお引き受けしたお客様とは、
残債務の解決が終了するまで何年でもお付き合いさせて頂きます。
もちろん、その際の費用はいただきません。
弊社は法律事務所や法務事務所ではありませんので費用は
いただきません。ご安心ください。任意売却の際に債権者より
支払われる仲介手数料で運営しています。
ご相談無料です。
全国対応
任意売却推進センター
(株式会社ライビックス住販)
〒220-0024 
横浜市西区西平沼町1-7 興和ビル4F
TEL.0120-961-044(通話料無料)
TEL. 045-534-9933
FAX. 045-534-9922
posted by スタッフKU at 17:33| Comment(0) | 任意売却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。