2012年08月05日

裁判所から配当期日呼出状が届いた

任意売却推進センター(ライビックス住販)KUです。
横浜方面晴れています。

そのまま放置しておけば、競売手続が進んでいきます。
約半年後には落札され、10ヵ月後には、新たな
所有者から立ち退きを求められることになります。
競売は法的強制力が有りますので、拒むことはできません。
現実に住宅ローンなどを滞納しない限り、この通知が
来ることはないので、これに異議申し立てなど
というケースもほとんど聞いた事はありません。
これが最後通告なのです。例え何らかの事情に
よって計画通りの返済ができなくなったとしても、
それは個人の問題であって、それが情状酌量の余地が
あったとしても、返済に対して不誠実であったのは事実
ですから、異議をとなえることはできません。
その通知により差押えになり競売開始となりますが、
すぐに落札されるというわけではありません。
最低でも2ヶ月の猶予はありますから、いますぐ
立ち退きしなければならないということはありません。
それに、担保不動産競売開始決定を受取った時点からでも、
任意売却へともっていくことは可能です。
諦めずに、まずは任意売却推進センター
(ライビックス住販)にご相談ください。

ご相談無料です。
全国対応
任意売却推進センター
(株式会社ライビックス住販)
〒220-0024 
横浜市西区西平沼町1-7 興和ビル4F
TEL.0120-961-044(通話料無料)
TEL. 045-534-9933
FAX. 045-534-9922
posted by スタッフKU at 10:49| Comment(0) | 住宅ローン返済猶予 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。