2012年07月08日

不況下の住宅ローン返済

任意売却推進センター(ライビックス住販)KUです。

リーマンショック以来、未曾有の不況に陥っており
その回復のめどはいまだ立っていません。
そのなかで、多額な住宅ローンを抱えている家庭では、
ローンの返済に困っているのが現実です。
返済猶予ができても、結局は返済しなければならないわけで、
その見通しもつかない状況です。
最悪の選択肢は、競売か任意売却の道を
選ばざるを得ないことです。
しかし、この二つの選択肢には、大きな違いがあります。
競売は、所有者の意向とは関係なく、売価が決められてしまい、
多くの例は、希望価格よりもかなり低い価格になてしまい、
債務返済が目的だったはずが、住宅を売っても、
債務が残ることになる場合があります。
任意売却の場合、所有者の希望価格に沿って、なおかつ
その後の債務が残らないようなるべく高い金額で
売却できる場合もあります。
住宅ローンを抱え、返済に困っている方にとっては、
この方法を選択、活用するのがよいと思われます。
ぜひ、ご相談下さい。
全国対応
任意売却推進センター
(株式会社ライビックス住販)
〒220-0024 
横浜市西区西平沼町1-7 興和ビル4F
TEL.0120-961-044(通話料無料)
TEL. 045-534-9933
FAX. 045-534-9922
posted by スタッフKU at 10:30| Comment(0) | 住宅ローン返済猶予 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。