2012年04月22日

住宅ローンの支払が困難になった方

任意売却推進センター(ライビックス住販)KUです。
住宅ローンの支払が困難になった方
念願のマイホームを手に入れて、幸せな生活を送ってたのに
突然のリストラや、会社が倒産してしまったり、
思わぬトラブルが発生して、住宅ローンの返済計画が狂ってしまった。

住宅ローンは、通常大きな負債を抱えている人が多いです。
住宅というのは、普段の買い物とは違って、非常に大きな買い物です。
現金で住宅を購入するなんて人は、本当にごく僅かです。
大抵は頭金を貯めたら、後は住宅ローンで毎月返済していくのが
通常の購入方法です。
最近は頭金も不要でローンを組んでいるケースも有りますから
支払いは、35年ローンなど長期で組んでいる人も多いです。
順調に支払いできているときは問題ありませんが
一度返済が滞ると、忽ち返済が苦しくなっていきます。

支払が困難になっても一人で悩まず、
あなたと家族の大切なマイホームを、差し押さえられて
競売にかけられたら後には何も残りません。
売却後、まだローンが残るといった最悪の状態になる可能性も
ローンの返済が苦しくなったら早い段階で借り換えをして
返済を軽くしていく方法をとることもできるかもしれません。
返済が苦しいと感じたら、一人で悩まず、早めにご相談ください。
ローンの借り換えや、売却といった専門的な知識をお持ちなら
ご自分で返済困難の対応ができますが
住宅ローン問題を、最善な解決方法に導いてくれるのは
任意売却推進センター(ライビックス住販)です。

 全国対応
任意売却推進センター
(株式会社ライビックス住販)
〒220-0024 
横浜市西区西平沼町1-7 興和ビル4F
TEL.0120-961-044(通話料無料)
TEL.045-534-9933
FAX.045-534-9922
posted by スタッフKU at 16:47| Comment(2) | 住宅ローン返済猶予 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月21日

任意売却専門業者

任意売却推進センター(ライビックス住販)KUです。
横浜方面少し寒いです(くもり)

住宅ローンなどの支払いに行き詰り、任意売却を
お願いする際には、業者選びに十分注意して下さい。
人によっては、近くにある不動産会社でも大丈夫と
思われるかもしれませんが。
普通の不動産会社でも引き受けることは可能です。
しかし、任意売却物件は普通の不動産よりも
難しい部分が多いです。
残債の整理や縮小、交渉などに関しても、
専門業者は慣れているので、端的に進む可能性が高いです。
時間を大切にし、無駄なロスがないように
するためにも、任意売却専門の不動産会社を
利用することをおすすめします。
任意売却は、単に不動産を売ってしまえば
終わりという訳ではありません。
その後の残債についてどういった処理を行っていくのか、
慎重に考えていく必要が有るからです。

豊富な経験や知識がある任意売却推進センター
ライビックス住販にご相談下さい。
土、日も営業してます。
ご相談無料です。

 全国対応
任意売却推進センター
(株式会社ライビックス住販)
〒220-0024 
横浜市西区西平沼町1-7 興和ビル4F
TEL.0120-961-044(通話料無料)
TEL. 045-534-9933
FAX. 045-534-9922

posted by スタッフKU at 11:34| Comment(1) | 任意売却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

任売物件購入について

任意売却推進センター(ライビックス住販)KUです。
本日は、気に入った物件があったのに、任意売却物件
だからと購入をためらっている方に対してのポイント説明です。
@手付金
売買契約時、任意売却をする売主に手付金を渡して、なにかの
事情で使ってしまったら、お金が足りなくて不動産のお引渡しが
できなくなります。そこで、ほとんどは購入者側の
仲介業者に引渡し時まで預かってもらいます。
A瑕疵担保責任
売主は売却しても債務が残る債務超過の状態であり、売却後に
対象不動産の瑕疵が見つかったとしても責任を負わせることは
事実上困難です。そこで、瑕疵担保責任は免責という特約を
付けさせていただき、現況何が壊れているか、
付帯設備表等できちんと説明しています。
売主が知っている欠陥(白アリ、雨漏り等)を隠していると、
瑕疵担保責任免責の特約をつけても無効となります。
B管理費、修繕積立金
マンションでこれらの滞納がある場合は、不動産引渡しまでに
完納するという一文を入れています。
C白紙解約の特約
債権者の同意が得られず抵当権抹消できない場合、白紙解約と
なりますという一文を入れています。
新たな差押が入ってしまい債求権者の同意が得られず、
やむなく契約解除になってしまうなんてことは稀有ですが、
可能性はゼロではありません。その際、違約金を請求されても
売主はお支払いする資力が低いため、白紙解約の特約を
入れさせて頂いています。
購入者の立場としては、現在設定されている抵当権や差押に
関しては、債権者の同意が得られているかを確認して下さい。
「これから、稟議あげてもらいます」なんてケースもあります。
D残置物
「引渡し時までに売主の負担で残置物を撤去すること」
@手付金A瑕疵担保責任B管理費修繕積立金C白紙解約D残置物
以上のことを理解して物件購入を進めましょう。

 全国対応
任意売却推進センター
(株式会社ライビックス住販)
〒220-0024 
横浜市西区西平沼町1-7 興和ビル4F
TEL.0120-961-044(通話料無料)
TEL. 045-534-9933
FAX. 045-534-9922
posted by スタッフKU at 13:41| Comment(2) | 任意売却 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。