2012年03月24日

住宅ローン滞納〜競売

任意売却推進センター(ライビックス住販)KUです。
本日は、住宅ローンの滞納から競売になるまでのご説明

@ 住宅ローンの初期延滞(延滞回数1回〜2回)この時点では
電話や普通郵便による督促があります。
A 住宅ローンの延滞の継続(3回以上)3〜6回延滞が続くと
  事前に内容証明郵便などで告知のうえ期限の利益(注)
  が喪失されます。(延滞回数は金融機関による。)
B 期限の利益喪失保証会社による代位弁済(銀行の場合))
C 債権者から担保不動産の競売申立
D 競売開始決定裁判所から競売開始決定の通知書が送付されます。
E 期間入札の公示等の手続裁判所から期間入札の通知書が送付されます。
F 入札
G 開札
H 売却許可決定

以上が大まかな流れになります。任意売却が可能なのは開札日前ですが、
現実問題としてはEの期間入札の公示までと考えた方が良いかもしれません。
しかしこの時点でも簡単に債権者が競売を取り下げて任意売却に応じて
くれるということは考えづらく、買受人が既に存在し、決済の見込みが
確実等であれば交渉次第では可能な場合もあります。
いずれにしろ、任意売却を選択する場合にはなるべく早い段階から検討し、
任意売却推進センター(ライビックス住販)に相談しましょう。

任意売却推進センター
(株式会社ライビックス住販)
〒220-0024 
横浜市西区西平沼町1-7 興和ビル4F
TEL.0120-961-044(通話料無料)
TEL.045-534-9933
FAX.045-534-9922
posted by スタッフKU at 00:00| Comment(1) | 住宅ローン返済猶予 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。