2012年03月10日

不動産売却の時期

任意売却推進センター
ライビックス住販KUです。

任意売却を早い段階でご相談される場合の事ですが、
任意売却の期間が長い分、住宅ローンのお支払いにお悩みの
状況の段階でご相談を頂く方の方が、実際のところは競売の
申立をされた段階よりも、解決される可能性が
高くなります。

お支払をされつつ悩まれているご状況の方から相談を
してくる人が「え、そんなことができるんですか?」
などとご相談の際に知らなかったことを知ることも
非常に多くいらっしゃいます。

裁判所から競売開始決定通知が届いたからと
言って絶望的になる必要はありません。
競売の開札が開始される前日までに、
任意売却にて解決することも出来ます。
一日でも早くご相談して下さい。
ご相談無料です。

任意売却推進センター
(株式会社ライビックス住販)
〒220-0024 
横浜市西区西平沼町1-7 興和ビル4F
TEL.0120-961-044(通話料無料)
TEL.045-534-9933
FAX.045-534-9922
posted by スタッフKU at 00:00| Comment(1) | 住宅ローン返済猶予 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

住宅ローンが払えない

任い売却推進センター
ライビックス住販KUです。
横浜方面雲っています。

自宅がなくなってしまうというのは
とっても恐怖なことです。
しかし、現実にそういったことは
起きかねない状況となることがあります。
それは住宅ローンのことなのですが、
住宅ローンを滞納しますと、
自宅から強制的に追い出されてしまう
こともあるんです。
そうなってしまっては大変です。

そこで住宅ローンを滞納した場合に
取る方法としてお勧めなのが任意売却です。
任意売却なら、時間的な余裕も計算できますし、
売却することで大幅にローンを減額することも
可能となります。
しかし、重要なのがその任意売却は、
早期に動くことが重要なんです。
もちろん、時間がたってからでもやろうと
思えばできるのですが、その時には既に
遅いという可能性も出てきます。
そんなことにならないためにも、早めに考えて
任意売却推進センター(ライビックス住販)に
ご相談して下さい。ご相談無料です。

任意売却推進センター
(株式会社ライビックス住販)
〒220-0024 
横浜市西区西平沼町1-7 興和ビル4F
TEL.0120-961-044(通話料無料)
TEL.045-534-9933
FAX.045-534-9922
posted by スタッフKU at 00:00| Comment(3) | 住宅ローン返済猶予 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

少しでも高く売却するには

任意売却推進センター
ライビックス住販KUです。

任意売却というのは、融資を受けている債務者と債権者との合意の元で、
適正な価格で不動産を売却してその代金を返済することです。

例えば、不動産を購入した後、何かしらの事情で収入が減り、
住宅ローンの返済が困難になり、返済が滞ると
債権者から競売の申し立てをされます。
競売の場合は、落札価格が一般の不動産の市場価格よりも
低い価格になることが多いです。
これでは、売却代金で債権者への返済が不足してしまう為、
ローンの借金が多く残ってしまいます。
少しでも不動産を高く売却し、債権者へ多くの借金を返済する為、
任意売却という方法をとります。
市場価格に近い価格で売却ができ、競売よりもローンを
多く返済できるほか、滞納分管理費、滞納分の住民税
・固定資産税などの不動産の取引の時にかかる費用も
債権者より支払われるので、その分負担が少なくなります。
また、普通に売却ができるので、多重債務、競売などのことを
近所などに知られることもありません。
ただこの方法が必ずしも取れるとは限りません。
連帯保証人や連帯債務者などが付いている場合、
その方々からの同意が必要になるからです。
保証人が見つからない、同意が得られない時には、
競売となってしまいます。

任意売却推進センター
(株式会社ライビックス住販)
〒220-0024 
横浜市西区西平沼町1-7 興和ビル4F
TEL.0120-961-044(通話料無料)
TEL.045-534-9933
FAX.045-534-9922
posted by スタッフKU at 14:00| Comment(1) | 住宅ローン返済猶予 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。