2012年02月11日

督促状や催告書

住宅ローンの支払が滞ると、初期の段階では督促状や催告書が送付されてきます。
名称や内容は金融機関により多少の違いはありますが、
概ね以下のような内容が記載されているものです。

・延滞内容(〇月分から延滞しているか)

・延滞金額(遅延損害金を含む)

・延滞分の返済方法についての案内(口座に入金か指定口座に振り込みとか)

・延滞分の返済期限(〇月〇日までに)

このような内容が記載されており、このまま延滞が解消されないと次に
「期限の利益喪失予告」という段階に進みます。

ちなみに住宅金融支援機構では延滞3ヶ月にたちますと、
延滞についての「再度のご連絡」が送付され、延滞が解消されないと
個人信用情報センターにブラック情報として登録される旨予告されます。

今後住宅ローンの返済を継続できるかどうかを検討し
この段階に来たら任意売却を検討することが必須となります。
相談料は掛かりません。ぜひ、お問い合わせ下さい。

任意売却推進センター(株式会社ライビックス住販)
〒220-0024 横浜市西区西平沼町1-7 興和ビル4F
TEL.0120-961-044(通話料無料)
TEL.045-534-9933
FAX.045-534-9922
posted by スタッフKU at 14:00| Comment(1) | 住宅ローン返済猶予 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。