2011年12月31日

本年はありがとうございました。

本年はありがとうございました。

たくさんの方とご縁があり

住宅ローン問題の解決の

お手伝いをすることが出来ました。

本当にありがとうございました。

感謝しております。



来年は更に多くの方の

住宅ローン問題の解決の

お手伝いをしていこうと思います。


また、このブログを通して、

住宅ローン問題を抱えて

困っている方の役に立つような

情報発信をしてまいります。

来年もよろしくお願いします。




posted by スタッフKU at 07:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

電車の人身事故

先日28日には

一日に3回も電車の人身事故に遭遇した

住宅ローン破綻による

自殺かどうかはわかりませんが、、、


何度でも繰り返し伝えたい

住宅ローン破産は

死んで詫びる必要はありません!


死を選択する苦しみより

解決する方が遙かに楽です。



住宅ローン破綻とは

家計の失敗です。

失敗したら、

修正したりやり直せばよいだけです。

何かで失敗したからといって

いちいち死んで詫びていたら

日本は誰もいなくなってしまいます。


債権者は住宅ローン破綻者へ対して

ソフトランディングできるよう

破綻処理のスキームを用意しています。

住宅ローン破綻の解決の仕組みさえ

理解してもらえれば、

死んで詫びるほどのことではない

と解っていただけるのですが!!!




posted by スタッフKU at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月29日

中小企業金融円滑化法(住宅ローン返済猶予法)

27日、金融庁等から、

中小企業金融円滑化法(住宅ローン返済猶予法)が、

来年3月の期限を1年再延長される

方針であることが発表されました。

法施行当時は、

住宅ローンにも適用されるということで

話題になりました。

この中小企業金融円滑化法(住宅ローン返済猶予法)は

亀井静香大臣が強く推し進め

当初は1年間だけの時限立法でしたが、

今年度も延長されていますから

再々延長ということになります。


元々は延長しない方針にもかかわらず、

再々延長というのには

ワケがあります。

一つは、

3.11の震災の二次被害(倒産・失業など)

の影響が来年から再来年にかけて

出ると予想されます。

震災の直接の被害者は

保険や国や自治体の

ある程度の保証もありますが

例えば、

震災の直接の被害は

なかった九州の会社の取引先が

震災で流された東北の工場だったとかの

二次的被害者に対しては

なんの保証もありませんから、

そういう会社や関連している個人が

今までの貯えでなんとか凌いでいたものが

1年経ってそろそろ厳しくなって来る時期です。



次に、

これが一番の理由でしょうが、

選挙対策でしょうね。


わたしは

この中小企業金融円滑化法(住宅ローン返済猶予法)

が施行された当初からお話ししていますが

この中小企業金融円滑化法(住宅ローン返済猶予法)

により一番恩恵を受けるのは銀行だと思います。


何故なら、

この中小企業金融円滑化法(住宅ローン返済猶予法)は

簡単に説明しますと、

3年間は利息だけの支払いでいいという法律です。

ということは、

今破綻すれば支払わなくてもよい利息を

3年間払い続けてから破綻するわけですから

一番損をするのは余分に利息を払い

結局は破綻する企業や人達です。

銀行にとっては3年分の利息は

まる儲けになります。


「え〜〜〜っつ、
 結局破綻するなら
 その時点で損はするじゃン・・・」

と思われるかもしれませんが

そんなことはないんです。


実は中小企業の銀行融資は

「信用保証協会」

により保証されているんです。

つまり、融資している企業が破綻しても

この信用保証協会から全額弁済されるのです。

ちなみに、

この信用保証協会の財源の元は

税金です。


それでは、

個人の住宅ローンの場合は

民間企業だからソンをするのでは・・・

イエ、イエ、そんなことはありません。

民間の場合は

「保証会社」

がこれにあたります。

住宅ローンも同じく

全額保証されるのです。


今踏ん張れば3年以内には

立ち直れるという見込みのある方は

頑張って利息だけでも支払い続けてください。



しかし、

どう考えても3年後は

今以上に厳しくなっていると

予想さ得れる方は

「がんばらないで!!!」

「無理を通すと歪みが起きます!」


一度債務整理などをしてから

再出発しましょう!!!


















posted by スタッフKU at 13:00| Comment(0) | 住宅ローン返済猶予 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。